メルマガ登録

    CXの最新情報をお届けいたします。

    console.log("postID: 3673");console.log("カウント: 312");

    2024.04.15 マーケティング
    【コラム】データドリブンマーケティング、その前に

    データドリブン

    企業活動の中でデータで意思決定や行動を決めていくことは非常に重要です。
    自分のような昭和世代は、担当者の思いの強さや感情で物事が進んでしまうことが多くありました。そのため、無駄な努力や効率が犠牲になってきたことを覚えています。

    しかし、最近の行き過ぎたデータ重視には若干の不安を覚えます。

    顧客体験の優先: 真の価値を理解する

    デジタルマーケティングの世界では、データドリブンな戦略が企業の成功の鍵とされています。しかし、その根底にあるべきは、顧客体験の深い理解から始まるべきです。顧客の行動、ニーズ、期待を詳細に把握することからすべてが始まります。この理解を基にした上で初めて、データを活用することが真の意味を持ち、顧客にとっての実際の価値を生み出すことができるのです。

    データの適切な活用: 顧客視点を統合する

    データをただ集めて分析するだけでは不十分です。重要なのは、そのデータがどのように顧客体験を向上させるかという視点を持つことです。データを利用する際は、常に顧客視点を優先し、そのデータが提供する洞察を顧客体験の向上にどう活かすかを考えます。これにより、より効果的な製品改善やサービスの提供が可能となり、顧客満足度の向上に直結します。

    持続可能な関係構築へのデータ活用

    最終的に、データを活用する目的は、顧客との持続可能な関係を構築することにあります。顧客の体験を軸にしたデータドリブン戦略は、顧客の期待を超える価値を提供し、長期的な顧客ロイヤルティを確保します。私たちは、データを通じて顧客の声を聴き、それに応える方法を模索し続けます。このアプローチにより、市場での差異化と持続的な成長を実現していきます。

    しかし、最後に自分の考えをお伝えすると、データは大事ですが、やはり担当者の事業にかける想いが、一番大事です。想いを持って、データを使えれば成果が出せると思っています。

    このコラムを通じて、顧客体験を軸にデータを活かすことの重要性が理解されることを願っています。顧客第一のアプローチが、データの真の力を解放し、ビジネスの成功へと導くヒントになっていただければと思います。

    SHAR

    • line
    • facebook
    • facebook
    • はてな
    • facebook

    顧客体験(CX)、NPSに
    関するご相談

    トータルエンゲージメントグループでは、これまで延べ100社以上15,000店舗以上のアパレル・小売流通・飲食宿泊から金融、行政などB2C事業からSaaSやメーカーのようなB2B事業など、様々な業種での支援実績がございます。
    CXにおける改善をツール提供だけでなく、全体の戦略をもとに策定・実施まで一気通貫でサポートいたします。まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください!

    メルマガ登録

    Total Engagement Groupの最新ニュースや、CX・NPSの最新トレンドを
    メールマガジンにて配信しております。ご登録はこちらから!

      CXの最新情報をお届けいたします。

      コメントを書く

      コメントはこちらで承認の作業を行うまでは表示されません。ご了承ください。

      © 2022 Total Engagement Group Inc.
      All Rights Reserved.