メルマガ登録

    CXの最新情報をお届けいたします。

    console.log("postID: 3708");console.log("カウント: 251");

    2024.04.30 顧客体験
    【コラム】ファンマーケティングとCX(顧客体験)の違い

    顧客中心

    ファンマーケティングとは何か?

    ファンマーケティングは、既に製品やサービスに対して熱狂的な支持を示す顧客群、すなわち「ファン」を対象としたマーケティング戦略です。このアプローチの目的は、ファンの情熱をさらに深め、その熱意を新たな顧客を引きつけるための口コミや推薦に変えることにあります。ファンマーケティングは、製品やブランドへの愛着を持つ人々を通じて、ブランドのメッセージが自然かつ信頼性のある方法で広がることを促進します。

    CX(顧客体験)との違い

    一方で、CX(顧客体験)は、顧客がブランドとのあらゆる相互作用を通じて体験する感情、感覚、体験の全体を指します。CXは、顧客が初めて製品に触れる瞬間からサポートを受けるプロセス、さらにはリピート購入に至るまでの全過程をカバーしています。CXの戦略は顧客の期待に応え、超えることに焦点を当て、顧客満足度を高め、最終的には顧客のロイヤルティと保持を目指します。そのためCXへの取組ということになると、全組織として取組むことが必要になります。

    組み合わせの力

    ファンマーケティングとCXは表面上異なるアプローチを持っていますが、互いに補完し合う関係にもあります。ファンマーケティングがブランドに対する情熱を利用して新たなファンを創出する一方で、優れたCXは、全社を顧客中心に考える組織に変革する活動になります。よって、CX活動を行いう過程でファンマーケティングも一つの施策として機能します。この二つの戦略を効果的に組み合わせることで、企業は顧客基盤を拡大し、同時に既存の顧客を維持することができます。結局のところ、ファンを創出し、育て、維持することが、長期的なブランド成功の鍵となります。


    このコラムが、ファンマーケティングとCX(顧客体験)の違いと相互作用を理解するのに役立つことを願っています。更に詳しい情報が必要な場合や、他の質問があればお知らせください。

    SHAR

    • line
    • facebook
    • facebook
    • はてな
    • facebook

    顧客体験(CX)、NPSに
    関するご相談

    トータルエンゲージメントグループでは、これまで延べ100社以上15,000店舗以上のアパレル・小売流通・飲食宿泊から金融、行政などB2C事業からSaaSやメーカーのようなB2B事業など、様々な業種での支援実績がございます。
    CXにおける改善をツール提供だけでなく、全体の戦略をもとに策定・実施まで一気通貫でサポートいたします。まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください!

    メルマガ登録

    Total Engagement Groupの最新ニュースや、CX・NPSの最新トレンドを
    メールマガジンにて配信しております。ご登録はこちらから!

      CXの最新情報をお届けいたします。

      コメントを書く

      コメントはこちらで承認の作業を行うまでは表示されません。ご了承ください。

      © 2022 Total Engagement Group Inc.
      All Rights Reserved.