30分でCX名著 vol.1 「顧客体験の教科書」

「30分でCX名著」セミナーに参加することで得られる3つのポイント

① CX(顧客体験価値)に関する理解が深まる
② CX活動を推進しようとする意欲が高まる
③ 自社においてCX活動を更に推進するヒントが掴める


本企画「30分でCX名著」の趣旨


CX(顧客体験価値) を高める活動は、現在どの企業においても重要であり、またその有効性も確認できています。しかし、このCXという概念は、観念的には理解できるものの、どのように自社に落とし込んで現実をよりよく変えていけばよいのかというお悩みの声をよく伺います。

そこで、 CX推進に役立つ「名著」を題材として取り上げ 、その要旨とおすすめできる具体策を わずか「30分」という短時間でご紹介 する。それが本企画の趣旨です。

ちなみに、 本企画の対象者は、CX初心者と初級者 としています。CXに関する知見と経験が豊富な方は、ご自身ではなくスタッフや部下の参加をお勧めいただけましたら幸いです。

CX名著「顧客体験の教科書」とは?

企業の変革は、顧客から始まる!
40年以上にわたってCX業界をリードしてきた、シリコンバレーでも伝説のコンサルタントと呼ばれいるジョン・グッドマン氏が、ソーシャル時代の顧客サービスの本質を分かりやすく説き明かしてくれます。

(著書の目次)

序章:カスタマーエクスペリエンス3.0宣言
第1部 CXから見る顧客像
 第1章:なぜ良いサービスが素晴らしい体験につながらないのか
 第2章:CX=人+プロセス+テクノロジー
 第3章:何もしない場合のコストを算出してアクションを起こす
第2部 起点から完了までのCXをデザインする
 第4章:物事は最初に正しく実行する(DIRFT)
 第5章:マルチチャネルからのアクセスを実現する
 第6章:常に顧客を満足させ、時には驚かせる
 第7章:統合されたVOCを傾聴する
第3部 CX導入のためにすべきこと
 第8章:テクノロジーを使いこなす
 第9章:CXの組織文化を作るマネジメント
 第10章:事例で読み解くCXのストーリー

(著書に対する評価)
Amazon.co.jpの「カスタマーレビュー」に投稿されている代表的なコメントを抜粋すると、次のようになります。
・数少ないCXの入門良書
・顧客志向の新たな視点を提供
・すべて実践できたら最高の顧客体験創出企業に変革できる教科書
・“顧客への気配り”は経営陣率先で

開催概要

30分でCX名著 vol.1 「顧客体験の教科書」

日時 2020年12月10日(木)13:30~15:00(90分間)
講師 株式会社トータル・エンゲージメント・グループ
COO 影山 勝巳
参加費 無料
参加対象者 ・CXに関する初心者、初級者
・CXを自社内で更に推進する意欲のある方
※同業他社、競合、コンサルタントの方はご遠慮ください
形式 オンラインセミナー(Zoom) ご都合のよろしい場所から、パソコン、タブレット、スマホなどでご参加ください
注意事項
    ・オンラインセミナー形式となりますので、パソコン、タブレット、スマホのいずれかをご準備ください。 ・企業向けセミナーのため、個人の興味関心での参加申込はご遠慮ください ・当社と事業が競合する企業様からのお申込には、参加をお断りする場合がございますので、予めご了承ください ・ビデオ会議システム「Zoom」に接続するためのURLなどの情報は、参加申込をいただいた方へ個別にご連絡いたします

セミナープログラム

 
  • セミナー開始 11:00
  • 【イントロダクション】
    Zoomセミナーに関する注意事項など
  • 1. 日本におけるCXの現状と課題
    2. CXから見る顧客像
    3. 起点から完了までのCXをデザインする
    4. CX導入のためにすべきこと
  • 【質疑応答】 セミナー終了 11:30

セミナー講師の紹介

 
    株式会社トータル・エンゲージメント・グループ
    COO 影山 勝巳

    東京大学工学部卒業後、JT(日本たばこ産業)に入社。JTでエンジニアリング業務と人事業務を10年間行った後、独立起業。その後、マーケティング、セールス、人材育成を三本柱として、クライアントに対してコンサルティングサービスを行なう。2019年には、株式会社トータル・エンゲージメント・グループのCOOに就任。真の顧客中心主義を目指す強い組織をつくる活動に、現在没頭している。

    株式会社トータル・エンゲージメント・グループは、「組織をアップデートする」というコーポレートメッセージの下、NPS®を活用したコンサルテイングや教育プログラムを提供しています。
    CX(顧客体験)とEX(従業員体験)の両者が連動した好循環を生み出すために、顧客と従業員の体験を数値化。お客様の体験や真実の声に基づき、経営改善していくサポートをしています。
© 2022 Total Engagement Group Inc.
All Rights Reserved.