調査のプロが教えるNPS調査の設計術【実践編】 〜CX改善につながる調査設計の実践ノウハウ〜

セミナー参加で得られる3つのメリット

1)正しいNPS調査のやり方が分かる
2)質問文を最適なものにするコツが分かる
3)集計と分析の方法が分かる


(延期)調査のプロから学べる絶好のチャンス 第2弾


「お客様へのアンケート調査をやってみたいが、具体的にどうすればよいのか分からない」
「アンケートを実施してレポートはまとめてみたものの、調査して終わりとなってしまい経営改善や現場改善につならない」
このようなお悩みを伺うことが多々あります。

そこで「調査のプロ」から成功する調査の実践ノウハウを学ぶセミナーを開催することにしました。

このセミナーの講師を務める吉澤は、調査業務の経験が30年を越える調査の達人です。その吉澤が最近注力しているのがNPS調査です。お客さまの声を適切な質問が並んだアンケートでしっかりと収集して、その情報を生かして経営改善や現場改善につなげていく。そんな実践ノウハウをお伝えします。

このセミナーは【基礎編】と【実践編】の二本立てです。
.【基礎編】については、先月10月27日に開催しました。そして、今回は【実践編】のご案内となります。

【基礎編】に参加しなかった方でも分かるよう、この【実践編】のセミナー冒頭で【基礎編】のポイントをお伝えした上で、【実践編】の内容に入っていきます。

【基礎編】に参加した方も参加しなかった方も、NPS調査を行い事業をより発展させるためのノウハウを掴むために、今すぐ予定を確保していただき、本ページの右にある「参加申込フォーム」より、セミナー参加のお申し込みをお願いいたします。

開催概要

調査のプロが教えるNPS調査の設計術【実践編】 〜CX改善につながる調査設計の実践ノウハウ〜

日時 2020年12月3日(木)14:30~15:45(75分間)
講師 株式会社マーケティングジャンクション
代表取締役
株式会社トータル・エンゲージメント・グループ
シニア・アナリスト
吉澤 隆
参加費 無料
参加対象者 ・NPS調査に関心をお持ちの方
・CX(顧客体験価値)に関心をお持ちの方
・顧客ロイヤルティを高めようとするすべての方
・コロナ禍からの打開策を見出したいすべての業種の方
・事業の成長を推進する経営層の方
※同業他社、競合、コンサルタントの方はご遠慮ください
形式 オンラインセミナー(Zoom) ご都合のよろしい場所から、パソコン、タブレット、スマホなどでご参加ください
注意事項
    ・オンラインセミナー形式となりますので、パソコン、タブレット、スマホのいずれかをご準備ください。ビデオ会議システム「Zoom」を使って行いますので、事前にアプリをダウンロードしておいてください ・企業向けセミナーのため、個人の興味関心でのお申込はお控えください ・当社と事業が競合する企業様からのお申込には、参加をお断りする場合がございます ・セミナー内容と講師は予告なく変更する場合がございます ・ビデオ会議システム「Zoom」に接続するためのURLなどの情報は、参加申込をいただいた方へ個別にご連絡いたします

セミナープログラム

 
  • セミナー開始 14:30
  • 【イントロダクション】
    Zoomセミナーに関する注意事項など
  • 1. CXとNPS調査(前回のおさらい)
    2. 設問と質問
      ・タッチポイントからの設問策定
      ・質問文と選択肢の作成
      3. 実査計画
      ・アンケート調査方法
      ・サンプリング方法
      ・集計と分析の計画
  • 【質疑応答】 セミナー終了 15:45

セミナー講師の紹介

 
    株式会社マーケティングジャンクション
    代表取締役
    株式会社トータル・エンゲージメント・グループ
    シニア・アナリスト
    吉澤 隆

    (略歴)
    1958生まれ。和光大学人文学部芸術学科卒。

    アパレルメーカーのマーケティング担当を経て、1985年にマーケティングコンサルティング会社であるジャパンライフデザインシステム入社。ショッピングセンター(JR系駅ビルなど)、百貨店(阪急百貨店など)、専門店の年間マーケティング計画・販促企画制作を担当。並行して都市再開発事業から、情報機器、情報システム、婦人下着まで、商品開発・業態開発・システム開発の実務に携わる。

    1997年、女性コミュニティサイトを基盤に、インターネット・マーケティング会社である株式会社マーケティングジャンクションを設立。インターネットリサーチ事業を中軸に、ブランディング、商品開発、事業開発、コミュニケーション開発等の業務を展開。ユーザー参加型商品開発(伊勢丹)など、一貫してそれまでになかった新たなマーケティング手法を開発している。
© 2022 Total Engagement Group Inc.
All Rights Reserved.